FRENZ2016 1日目夜の部 オフレポ
Placeholder image

新宿ロフトプラスワンにて2016年9月17日~18日に行われた、 FRENZ2016というオフライン上映イベントのオフレポです。走り書きのメモを元に作成していますので、誤字等はご容赦下さい。
また、上映作品の感想は短め、場内の雰囲気重視で書きます。敬称は省略します。


17:26 入場待機列整列開始
17:40 出展者・招待者の確認開始
17:41 出展者・招待者の入場開始
17:44 一般者入場開始
17:57 ロフトプラスワンのスケジュール上映開始。FRENZが出てくると場内から拍手が。

18:03 上映前注意事項(制作:olo)上映開始。
 YouTube版
昼の部と大体内容が同じ、NHK風のL字のテロップに石井官房長官が記者会見で注意事項を説明しているのですが、昼の部と官房長官役が違う人でした。

18:07 オープニング(タイトル-Break up your habit-)(制作:一般的な掃除機のテクノロジー)上映開始。
 公式サイトでも公開中
あっ、あの気持ち悪い黄緑の髪の色は(笑)。場内からは大きな拍手。笑い過ぎて腹が痛くなる作品でした。
司会の前田地生やんわりが登壇。
限定メニュー及び注意事項、場内右手座敷席のモニターが故障した事を説明。
ここでオープニングを担当した、一般的な掃除機のテクノロジーの杉本君不信と、楽曲制作のどぶうさぎが登壇。
18:19 乾杯
杉本君曰く、ちゃんと全体通して観たのは初めてだが、思ったより酷い。
司会・主催の前田曰く、出展者やロゴ・場所などをオープニングとして入れるよう指示していたが、誤字等を確認するために一時停止させながら行った。
杉本君が「これ酷いでしょう」と場内に問いかけると大きな拍手。続けて曰く、去年より無茶苦茶で意味分からない。構成は杉本君が担当。
不信は色使い等を担当。杉本君曰く、とても手伝ってもらった。
楽曲担当のどぶうさぎ曰く、曲のイメージの伝え方が、物凄い勢いとか「うわぁー」とかと酷い。
今回の出展ユニット名、募集締め切りの5分前に、付けていたテレビのCMのセリフを切り貼りして名付けた。


1日目夜の部最初はうどん2.6kg
上映前コメントは「アイドルユニットです。全国平均一人当たり消費するうどんの量が2.6㎏なので名づけました」
タイトルはUnfair Addiction
 YouTubeへのリンク
POPで可愛い3DCGでした。
上映後のコメントによると、アイドルユニットと言うのは嘘です。
まつらい、umauya、Meatsaucerの3名で登壇。この頃うどんに嵌っていて、このユニット名にした。映像制作依頼が来た仲でこのユニットを結成。

次はNate上映前コメントは16歳の夏休みを注ぎました。
タイトルはOur PALACE
見入る、よく動く3Dでした。
上映後に登壇。昨日まで定期テストだったそうです。Nintendo DSiのうごメモに嵌って映像作り始めた。可愛いやカッコイイなど色々な要素を詰め込んだ。3DCGは始めたばかり。今の10倍位上手くなりたい。
場内は終始ざわついていました。

次はつづつ
上映前コメントは、うさぎって可愛いですよね。
タイトルはstay with
POPで可愛いアニメーションでした。
上映後に登壇。現在、大学3年生。主人公の絵を描いた時に、これでアニメ作りたいと思って制作した。3DCGにも挑戦していきたい。

次は江口 陽向
上映前に、応募締め切りと今日までの間に、同じ作品で応募した別のコンテストで賞を取ってしまい、そのコンテスト上で先に公開されてしまったと説明有り。なお、作者は小学6年生。昼の部出展の江口 寛武の子供
タイトルは有明海的な何か YouTubeへのリンク
小学生2人が出てくるミニドラマでした。効果音が可愛い。そしてエンドロール、ほぼ家族内で完結しており場内から笑いが。タイトルから判ります様に、舞台は佐賀県です。九州弁について、九州出身の前田より解説有り。

次はmido
上映前コメントは「楽しんで行ってね」(すみません。もっと長い筈ですが、ここの部分しか書き取れませんでした。)
タイトルはRelease
 YouTubeへのリンク
重い感じの3DCGでした。
上映後に、楽曲担当のヌルドゾーンと登壇。現在大学生で、教授をネタにクソコラ作っているうちに、こんなネタが思いついた。解放と束縛がテーマ。

第一部最後は駿
上映前コメントは、滅茶滅茶楽しい制作でした。
タイトルはWondertainer
 YouTubeへのリンク
POPでカラフル、水彩調なMGでした。
上映後に登壇。昨日まで文化祭で、夜行バスで会場まで駆け付けたという発言に、場内から笑い。現在高校3年生で、既に美術大学に受かっているそうです。今後、絵を描けるようになりたいとの事。


司会で主催の前田曰く、作品の内容だけ見て上映順を決めたが、なぜか若い人が固まってしまった。
19:16 プレゼント抽選会実施
19:17 休憩開始。FRENZ2016オリジナルタオルについても案内。

 

19:35 第二部開始
第二部最初はソラニ
タイトルは叫鳴ムジカ

コラージュを用いた目まぐるしいMGでした。
上映後に登壇。「緊張する」動画制作は数年前から始めた。『すごいなー』と思ったら、その気持ちを家に持ち帰って、映像制作を開始させてほしい。

次は瀬川三十七
タイトルはフーフーガール
少女が「フー」と息を吹きかけると、看板の文字等が動いてしまう、不思議な作品でした。場内からどよめきが。
上映後に登壇。話題になるのを狙っていた。After Effectsのプラグイン「ニュートン」で何かできないかと思って制作した。

次は鴫野エイカー
上映前コメントによると、アイドルを目指す女の子のお話。
タイトルはガールズデスティネーション

MG(?)なのストーリーが付いている作品でした。
上映後に登壇。可愛くてキラキラした、ストーリーの有るものを作りたかった。
上映後に読むはずが、読みそびれていたコメントによると、作中の女の子はささらちゃんと言うそうです。

次は楽曲に対するメスらしさの付与手法の提案
上映前コメントは、大学院がつらいのをMGで表現した(ウソ)
タイトルはSunny
 Vimeoへのリンク
POPなMGでした。
上映後のコメントによると、「メスの本能デラックス」というチーム名で、BMSのイベントに出場予定だそうです。

次はLow
上映前コメントによると、Aoiの楽曲を使用したとの事。
タイトルはsoar to Ø
 YouTubeへのリンク
疾走感のあるMGでした。
上映後に登壇。今回は見る側も含めて初めてFRENZに来た。去年は来れなくて残念だった。来年の今頃は留学中の予定。元となる動画が有り、その動画を見て勉強しながら制作した。

次はMATSUMO
上映前コメントによると『公演のトロイ』の世界観を借りた作品との事。
タイトルは公園のトロイ 窓際のシンデレラ Frenzエディション
キラキラしているミュージカル風の作品でした。
上映後に登壇。現在、『公演のトロイ』シリーズは声優をお願いしていた方と連絡が取れず、制作が止まっている。そこで、少し話を変えて制作した。木馬役の声優が見つかれば、続編制作を再開したい。

次はotogi*
タイトルはサーチライト
3DCGとか手書きとかを組み合わせた、キラキラしたMGでした。
上映後に登壇。2011年にyama_koが出展した『ねがいごと』を見てAfter Effectsを購入し制作を開始した。苦しくても出展した方が楽しい。悩んでいる人は、出展したほうが良い。

第二部最後はTeam AoNEGI
上映前コメントは「ゲームを通して伝えたい事を・・・(すみません、書ききれませんでした)・・・美味しく召し上がれ」
タイトルはまひろのゲーム理論(鬱)
 YouTubeへのリンク
アニメーションですが、突っ込みが追い付かない楽しい内容でした。場内は大盛り上がり。
上映後に、AoとNEGIが登壇。司会の前田曰く、「(内容が)ギリギリなんですが。」
NEGI曰く、本作品が11分超えとなり、相談させて頂いた。
司会のやんわり曰く、エンディングが盛り上がった。
Ao曰く、楽しんでもらえてよかった。 微調整後にインターネット上にUP予定とのこと。


20:44 プレゼント抽選会実施
20:48 休憩開始


第三部最初はyama_ko
場内から拍手、さらに右手の方からコールが起こる。
上映前コメントは「甘くて楽しくて目まぐるしい脳をよく溶かして」
タイトルはシュガーレポート
スイーツとタイポグラフィーを組み合わせた、POPな3DMGでした。
上映後に登壇。最近タイポグラフィーが減ってきたので、目を見せてやろうと制作した。コミカルなお菓子とMGを組み合わせたら面白いかなと。個人的には満足していない。会場の音響は良かった。次は違うのを作りたい。

次は悪だ組
上映前コメントは「2020年東京オリンピックに向けて、体力増進を目的に制作した。」
タイトルは映像制作体操第一

あー、N■Kでやっている体操のパロディですか。場内大笑い。
で、ファイルを丸投げする体操の途中で、映像が止まるトラブルで上映中断。
21:20から再起動の為小休止
21:28 上映開始するも、電源投入(する体操の)途中でフリーズ、また再調整
21:28 再々上映開始。今度はうまく最後まで上映出来て、場内から拍手。
上映後に登壇。3度目に止まったら、壇上で実演するつもりでいた。起こったのが(運営スタッフの)自分の作品だったのでチャンスだった。ハムに似てるけど違う曲を制作して頂いた。

次は鑓田(alpha complex)
上映前コメントは「お金で時間を買って作った」
タイトルはCosmo Memory
 YouTubeへのリンク
3Dの疾走感のあるMGでした。
上映後に登壇。音響が良かった。時間が無くてリバースファームを使用した。トンネルをくぐらせると疾走感が出る。色々と詰め込んで物量が多くなってしまう。曲名にちなんで、今年も宇宙を出してしまった。

次は紅ばめ
上映前コメントは「都営交通105周年記念」
タイトルはジェットコースター・メトロ YouTubeへのリンク

都営地下鉄12号線大江戸線を表現した、タイポグラフィーが気持ちいい作品でした。さて、勾配傾斜45‰(パーミル)とか鉄道オタク以外には通じるかなぁ?さりげなく実写に文字とかを合成させたりもしていました。
上映後に登壇。もし大江戸線が外が見えたら、急こう配の連続でジェットコースターの様に楽しいかと思って制作した。最初の構想時は都営新宿線で作ろうとしていた。私は乗り鉄(乗るのが好きな鉄道オタク)。次は『ゆめにっき』の2次創作か、地理関連の動画を制作したい。

1日目最後は機能美p
上映前コメントで、本作品は上映時のコメントを録音したものを付け足した上で、インターネット上にUPする予定と告知。そして、壇上にICレコーダーが置かれて上映開始。
タイトルはこの場でできるVR体験 デモンストレーション
なるほど、そういう趣向か。客に手拍子とか掛け声をかけてもらう作品でした・・・・・・が、画面の『進捗どうですか?』に客席から『大丈夫です』と答えてもらおうとしたら・・・上映止まった?!『駄目です?!』
ここで調整の為14分小休止した上で、上映再開。後半はしんみりした内容でした。
上映後に登壇、そして壇上のICレコーダーを回収。今年はVR元年と言われている事と、道徳とはテレビのヒーローを見て学んでいくのではないかという事をテーマに制作。
司会の前田曰く、どこで流すか迷い、最後にした。


プレゼント抽選会実施
エンディング上映。時々笑い声が場内から。
1日目夜の部終了。トラブルが有ったせいもあって、第3部終わってから終了までドタバタしておりました。